本文へスキップ

月に一度はカラダ調整をしましょう!

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.076-260-6275

〒920-1167 金沢市もりの里2丁目225ショップハバ2号室

あご 顎関節

・顎の痛み。開けると痛い。
・口を開けたり閉じたりするコリコリ、カクカク音が鳴る
・口が開けにくい
・口を開けにくく食べたりするのが疲れる
・顎が左右どちらかにずれている。歪みが気になる

そんな悩みの方が当院にお越しくださいます。顎の症状って意外と多いんですよ。

 ではなぜ”あご”に痛みが出たり、音(クリック音)がなったり、ずれたりするのでしょうか?
わかりやすいのは「殴られた」、「ボールが当たった」、「ぶつかった」など外力が加わってずれるパターン。これは理由もはっきりしているし、そのまま直接顎の矯正や筋肉調整を行えば有効です。場合によっては一回の調整ではっきりとした効果が現れるかもしれません。
難しいパターンは原因がはっきりしていないとき。気がついたときには痛みや音が鳴りだした、いつの間にか歪んでいた、などなど理由が思い浮かばないことが多いとおもいます。
これは日頃の姿勢、生活習慣、身体の歪みなどが原因なんですよ。身体もそうですが、急に歪みが生まれるわけではありません。徐々に身体はストレスを受けて歪みだし、常に負担がかかっている場所が我慢の限界に達したときに症状となって現れるのです。

ではこのパターンのときはどんな施術が有効でしょうか?
身体の歪みから顎の歪みに達しているならば、身体の歪みから順番に整えていくのが先ですよね。身体を整えて、顎を整えてと段階を踏んで調整をしていかないといけませんので良くなっていく過程も当然時間がかかってきます。